「地域防災市民劇団スミヨシ・アクト・カンパニー」

「文化による防災・減災のためのコミュニティづくり」という観点から、都市防災市民劇団「スミヨシ・アクト・カンパニー」を、地域と大阪市立大学の協働によりたちあげました。「いのちを守るまち」をテーマに、メンバーたちの手による芝居づくりをおこなっており、2013年3月の旗揚げ公演以来、2014年4月、2015年3月と、すでに3回の公演をおこなっています。参加メンバーは、60代から4歳まで。会社員、主婦、小学生など、毎回、20名ほどのさまざまなひとびとが、公演ごとにコミュニティをつくりあげています。

sac02

sac01