地域実践演習について

教育
コミュニティ防災最前線 地域実践演習

文部科学省「地(知)の拠点事業」(通称COC事業)に大阪市立大学・大阪府立大学は「大阪の再生・賦活と安全・安心の創生を目指す地域志向教育の実践」というテーマで共同申請し、平成25年度に採択されました。これに伴い本学では「コミュニティ再生副専攻(Community Regeneration CR)」が導入され、そのうちの環境・防災分野を都市防災教育研究センターの教員が中心となり担当しています。CR副専攻の導入科目である地域実践演習は平成26年度に試行として始まり、6名が履修しました。演習では「コミュニティ防災拠点の製作」「防災まち歩き」「防災力診断」「避難体力測定」「避難所運営ゲーム」「小学校での出張講義」「地域住民との報告会」を行い、地域における防災の課題を実践的に学ぶ機会となりました。

報告会
報告会