災害資料の活用方法

防災ミュージアム
災害アーカイブス

 地域にとって過去の災害がどこで、どのように生じたかを知ること、また災害範囲が地盤や街の構造などとどのように関係しているのかを確かめることは大変重要です。センターでは関西圏をはじめとして各種の大規模な災害の記録を収集し、GISを用いて地盤や街の構造などと重ね合わせが容易に確認できる環境構築を目指します。収集した各種の災害資料は、大学のCOC授業である地域実践演習や地域と連携して実践するコミュニティ防災教室などを通して、地域のリスク学習や防災訓練などに活用します。