阿倍野区、東住吉区、平野区との 地域防災に関する連携協定を締結しました

大阪市立大学 都市防災教育研究センターと阿倍野区、東住吉区、平野区は、これまでも地域防災に関連する教育や学術研究についてさまざまな取り組みを進めてきたところですが、今後連携をより一層発展させ、地域の安全安心のまちづくりの推進と大学の教育・学術研究機能をさらに高めることを目的として、平成28年12月13日(火)に各区との地域防災に関する連携協定を締結しました。
本学では都市防災教育研究センター(CERD)において、コミュニティ防災教育プログラムの開発、地域住民・行政関係者と連携したコミュニティ防災教室の実施など、地域防災に向けた連携を進めています。平成25年度には住之江区、住吉区、西成区とも連携協定を結んでおり、大学と近隣区による有機的な協力体制の構築に向け、一層注力してまいります。

■本協定に基づく連携内容は以下の通りです。
(1)地域コミュニティの活性化に関すること
(2)教育及び人材の育成に関すること
(3)学術研究に関すること
(4)その他両者が必要と認める事項に関すること

■調印式出席者
大阪市阿倍野区長 寳田 啓行(ほうだ のぶゆき)
大阪市東住吉区長 小倉 健宏(おぐら たけひろ)
大阪市平野区長 稲嶺 一夫(いなみね かずお)
大阪市立大学理事長(兼学長) 荒川 哲男(あらかわ てつお)
大阪市立大学都市防災教育研究センター所長 森 一彦(もり かずひこ)