【開催のお知らせ】いのちを守る都市づくり  「コミュニティ防災フォーラム2017」

平成29年2月18日(土)に、杉本キャンパス 学術情報総合センター1階 文化交流室において「コミュニティ防災フォーラム2017」を開催します。

本学では平成23年3月11日の東日本大震災以後、直ちに都市防災研究プロジェクトを立ち上げ、平成27年3月1日に全学的な文理融合の組織である当センターを設立し、地域防災リーダーの育成や防災拠点の整備、自助・共助による防災力の向上を目指し活動してまいりました。間もなく東日本大震災から6年が経過しようとしています。その間にも、熊本地震や鳥取県中部地震などが発生し、日本が地震大国であるということが再認識されました。

今回のフォーラムでは、過去の災害の記憶を風化させないために、また、今後起こりうるであろう大震災に備えるために、名古屋大学 減災連携研究センター長の福和伸夫 教授をお招きし、「想定外と言わないために見たくないものを見て大震災に備える」と題したご講演をいただきます。

行政関係者、地域防災に関心のある方はもちろんのこと、これから防災に関する取り組みを検討されている方もぜひご参加ください。

<プログラム> チラシはこちらから

14:00-14:05  開会あいさつ   大阪市立大学長 荒川 哲男

14:05-14:10  来賓あいさつ   大阪市住之江区長 西原 昇 氏

14:10-14:20  都市防災教育研究センター(CERD)活動報告

            大阪市立大学都市防災教育研究センター所長 森 一彦

14:20-15:20  基調講演「想定外と言わないために見たくないものを見て大震災に備える」

名古屋大学 減災連携研究センター長 福和伸夫 教授

15:20-15:30   休憩(ポスター展示)

15:30-15:50   ポスターセッション

15:50-16:00  アクティブラーニング型災害対応訓練 報告

          大阪市立大学都市防災教育研究センター副所長 三田村 宗樹

16:00-16:10  SGH高校生による防災・減災研究 報告

          大阪教育大学附属高等学校平野校舎

16:10-16:20   COC「地域実践演習」報告

16:20-16:30   COC「アゴラセミナーⅠb」報告

16:30-16:40   いのちラボ認証式

16:40-16:55   外部評価

16:55-17:00   閉会あいさつ   大阪市立大学 学長補佐 宮野 道雄

 

対  象: 小中高校生、大学生、防災・行政・教育・福祉関係者、地域防災に関心のある方

費  用: 無 料

定  員: 先着80名(当日先着順)

 

主  催: 大阪市立大学都市防災教育研究センター(CERD)

共  催: コミュニティ防災協議会

後  援: 大阪市 阿倍野区/住之江区/住吉区/東住吉区/平野区/西成区

協  力: 大阪市消防局/大阪市立瓜破西中学校/大阪教育大学附属高等学校平野校舎/

大阪市立大学プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)

支  援: 国立研究開発法人 科学技術振興機構 科学コミュニケーションセンター