JSTサイエンスアゴラ2016にてキーノートセッションを開催しました

2016年11月3日(木)から6日(日)まで東京お台場地区ておいて、「つくろう、科学とともにある社会」をビジョンとして掲げてサイエンスアゴラ2016が開催されました(主催:国立研究開発法人科学技術振興機構JST)。

公式HP http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

大阪市立大学都市防災教育研究センターは共催機関としてキーノートセッション「震災から5年~いのちを守るコミュニティ~」を、11月6日(日)に東北大学災害科学国際研究所と共同して実施しました。

IMG_8983

プログラム冊子はこちらから

 
今回、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震において、被災地での支援、コミュニティ再生や防災教育など、さまざまな視点で取り組まれている「いのちを守る」活動について紹介していただきました(兵庫県立大学・熊本大学・積水ハウス)。

IMG_9108

さらに、これからの社会を担う中高生(大阪市立瓜破西中学校・宮城県多賀城高等学校)からも現在行っている防災・減災の取り組み、思いを伝えてもらいました。

IMG_9203
未来社会にどのようなくらし・コミュニティのかたちを求めるか、どのような価値観で社会をつくるかという視点を基軸に、防災・減災に関する各地の活動・取り組みを振り返り、できたこと、できなかったことについて、対話を通して共有する貴重な機会となりました。