【開催のお知らせ】第11回 Science Cafe(防災研究座談会)

日時:平成28年12月1日(木) 16:30~18:00

場所:大阪市立大学 複合先端研究機構会議室
           (理系学舎B棟2階201号室)

話題:「グルカ地震でのカトマンズ盆地の建物被災状況と

                     災害意識・教育状況に関わる視察内容報告」

      三田村 宗樹(大阪市立大学 理学研究科)
      前田    航志(大阪市立大学 生活科学研究科)

[概要]

 2015年4月25日午前11時56分(現地時間)に発生したグルカ地震 (Mw7.8)によって,震源域から約70km離れたカトマンズ盆地では世界遺産の寺院や古いレンガ造の建物が多く被災しました.本年9月29日から10月5日まで,建物被災や学校の状況,防災意識ヒアリングの目的でカトマンズを訪れました.すでに地震から1年以上が経過していますが,街中では,半壊建物がいまだに継続使用され,その被災状況を見ることができました.また,公立・私立のHigher Secondary School  (初等・中等教育の学校) の施設見学、防災活動の様子や一般市民の地震前後の防災意識などについてのヒアリングを行うことができました.本講演では,今回の視察の状況についてその概要を報告します.


チラシはこちらから

※申し込みは不要です。当日、定刻までに会場へお越しください。

お問い合わせは office@cerd.osaka-cu.ac.jp までお願いいたします。