「第9回 Science Cafe(防災研究座談会)」を開催しました

平成28年10月20日(木)に、杉本キャンパスにある理学部第5講義室(理系学舎F棟2階)にて「第9回 Science Cafe(防災研究座談会)」を開催しました。

今回は「大阪市の熊本地震の対応事例」として大阪市平野区役所の立本眞二氏が「熊本地震 熊本市立桜木中学校 避難所支援業務を終えて」、大阪市消防局の山下伸也氏が「熊本地震の活動概況~緊急消防援助隊(大阪府隊)」というテーマで講演を行いました。

 

●IMG_7762 (2)

 

大きな地震や記録的な降雨による水害など、近年、災害リスクを実感することが多くなっています。一方で防災・減災に興味はあっても、自分たちがどのような備えをしておくべきかは、実体験が伴わない場合、非常に難しい問題です。
今回のサイエンスカフェでは、熊本地震での救援・支援活動の報告を通して、それぞれの立場で災害への具体的な備えについて学ぶ貴重な機会となりました。

 

●IMG_7806 (2)

 

 

実際に被災地で活動された方のお話しということで、参加者もとても熱心に聴講し、講演後も活動時の問題点や今後の課題などについて活発な質疑応答が行われました。