「公開講座」を開催しました

平成28年10月15日(土)大阪府立大学中百舌鳥キャンパスにおいて公開講座「地域の災害リスクと防災力-堺市はどのような災害に注視すべきか-」を開催しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回は大阪府立大学と共催で、堺市を対象とした公開講座を開催。まず、大阪府立大学の石井 実 理事・副学長から開会のあいさつがあり、大阪府立大学の取り組みについてお話をいただきました。続いてCERDの森 一彦 所長から、コミュニティ防災教室をはじめとしたさまざまな活動についての報告を行いました。

その後、CERD三田村 宗樹 副所長、生田 英輔 防災教育ユニットリーダーが「堺市の災害リスク」と「堺市の災害脆弱性とレジリエンス」について講演し、続いて、堺市危機管理室の山口 元章 氏から「堺市の防災に関する取り組み」と題し、地域特性や災害に強いまちづくりについてお話しいただきました。

パネル討論 (3)

パネル討論 (4)

 

参加者の方々を交えたパネルディスカッションでは、災害弱者や災害時の医療の問題、これまでの地域における取り組みについての課題やそれに対する行政への要望など、さまざまな意見が出され、堺市の防災に関する取り組みの現状について知るとともに、地域と行政が協働しながら防災に取り組んでいくことの重要性を改めて考える貴重な機会となりました。