【開催のお知らせ】第9回 Science Cafe(防災研究座談会)

日時:平成28年10月20日(木) 16:30~18:00

場所:大阪市立大学 理学部 F棟 2階 第5講義室(F212室)

話題:「 大阪市の熊本地震への対応事例 」
      立本 眞二(大阪市平野区役所 まちづくり協働課)変更をプレビュー
山下 伸也(大阪市消防局 警防部警防課)

[概要]

地震や記録的降水量による水害をはじめとする災害リスクが高まっていることを感じざるを得ない今日です.災害から身を守る方法を考えることが大切であることは言うまでもありませんが,災害に遭遇してからでないとどのような準備をしておかなければならないのかはわからないことが多いと思います.しかし,実際の救援・支援活動体験の中には,私達が備える術を考えるヒントがあるかもしれません.今回のサイエンスカフェでは,大阪市が熊本地震の際に行った活動についてご紹介いただきます.

「熊本地震 熊本市立桜木中学校 避難所支援業務を終えて」

「熊本地震の活動概況~緊急消防援助隊(大阪府隊)~」

の2件の話題提供をいただきます.被災地での活動の実際をお聞きすることで,災害時に備えておかなければならないことを学ぶとともに,心構えについて考える機会になればと思います.

チラシはこちらから

※申し込みは不要です。当日、定刻までに会場へお越しください。

お問い合わせは office@cerd.osaka-cu.ac.jp までお願いいたします。

ScienceCafe_logo_9