コミュニティ防災教室 ワークショップⅣを開催しました

平成28年7月16日(土)、大阪市立大学 2号館221教室にて防災教室ワークショップⅣ 災害対応②「災害時の避難体力を考える」を開催しました。

参加者は、全員で8名と少なめの人数でしたが、日ごろ学ぶ機会の少ない「避難における筋力」の話などに、全員熱心に耳を傾けていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講義のあとは実習室に移動し、「自分の体力を測ってみよう」というテーマで、体力測定をおこないました。

身長、体重など一般的な測定から、インピーダンス法による筋量の測定、椅子立ち座りや脚伸展力などの測定まで2人1組になり、和気あいあいとした雰囲気の中進行されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

筋力の講義や体力測定を通して、健康な生活を送る(=自力避難)ためには、自分のからだは自分でコントロールできる体力・筋力が必要であり、そしてそれが人を助ける力にもなる、ということを学んだ1日となりました。